01月
13
2011

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年末からの寒波により年末年始は荒れた天気になりました。元旦は昨年に引き続き萩の松陰神社に初詣に出かけました。下関から美祢までは順調だったのですが、美祢を過ぎてから雪がどんどん深くなり、ノーマルタイヤでは危険を感じ通常ルートはあきらめ美祢まで引き返しました。次に美祢から長門に抜けるルートにトライしましたが、これも途中の峠で雪が深くなり断念することとなりました。もう今年は無理かと半ばあきらめ下関に引き返していたのですが、最後の可能性として下関から豊田、長門湯本を抜けるルートがあることに気付き、かなり遠まわりになりますがトライしたところ雪は少なく萩まで無事にたどり着くことができました。何事もあきらめずに最後までトライしてみることだなと新年早々改めて確認させていただきました。
ここまでは順調だったのですが、帰りは一転して天気は急速に悪化し、帰り道の湯本から豊田に抜ける山の中はなんとすごい積雪で、一面銀世界になっておりました。ブレーキを踏まないように、速度を落とし、なんとか無事に山を抜けることができました。ハンドルを握る手に冷や汗がにじみ、体はハンドルを握ったまま硬直しておりましたました。山の中の天気はすぐに変わるということを忘れており、「八甲田山」の悲劇になるところでした。
ということで、色々ありましたがなんとか新たな気持ちで新年を迎えることができました。今年もしっかりと仕事をしていきたいと存じます。

最後に「東福岡ラグビー部」全国優勝おめでとうございます。21点差をあきらめずに追いついた君たちの強い精神と勇気に感激です。

北九州の社会保険労務士 三原靖

このページの先頭へ