12月
19
2012

平成25年度の雇用保険料率は一般の事業で1.35%と、平成24年度から据え置き

 厚生労働省の労働政策審議会(会長:諏訪康雄 法政大学大学院教授)は12月12日、平成25年度の雇用保険料率を定める告示案要綱を「妥当」と認め、三井辨雄厚生労働大臣に答申しました。本答申を踏まえて厚生労働省は年明けに告示を行う予定です。これによって平成25年度の雇用保険料率は、一般の事業で1.35%、農林水産・清酒製造の事業で1.55%、建設の事業で1.65%と、いずれも平成24年度から据え置きとなり、平成25年4月1日から適用されます。

詳細は下記HPを参照してください。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002qvp9.html
 

このページの先頭へ