02月
08
2016

「雇用保険法等の一部を改正する法律案」を国会に提出

安倍内閣は29日、「雇用保険法等の一部を改正する法律案」を閣議決定し、開会中の通常国会に提出しました。
既報のとおり、今回の法律案では65歳以降の新規雇用者への雇用保険の適用拡大、介護休業の分割、介護従事者を対象とした所定外労働免除制度の創設、マタニティハラスメント防止措置の義務づけなどが盛り込まれています。
なお、法律の施行予定時期は本年4月1日とされ、介護休業制度の見直しや、上記の雇用保険適用拡大、マタハラ防止措置等については2017年1月1日(介護休業給付引き上げは本年8月1日)からの施行予定となっています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/190-01.pdf
このページの先頭へ