02月
22
2017

「転勤は従業員に配慮を」 厚労省研究会が報告書案

厚生労働省の研究会は、転勤する社員への配慮を企業に求める報告書の案(たたき台)を公表しました。あらかじめ転勤の時期や頻度の目安を従業員に明示することにより、従業員が生活設計の長期的な見通しを持てるようにしています。今年度中に報告書をまとめる方針です。
〔関連リンク〕
「転勤に関する雇用管理のポイント(仮称)」策定に向けた研究会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000152902.html
このページの先頭へ