04月
13
2017

厚労省が「がん患者の就労支援」の強化策を示す

厚生労働省は、国のがん対策の指針となる「第3期がん対策推進基本計画」の策定に向けた有識者会議において、がん患者の就労支援強化に関する案を示しました。治療と仕事の両立支援のため、医療機関向けに企業との連携マニュアルを作成すること、短時間勤務制度などの社内制度を整備すること等を盛り込んでいます。今夏の閣議決定を目指すとしています。
このページの先頭へ