05月
02
2017

「両立支援コーディネーター」養成へ 厚労省方針

厚生労働省は、病気治療を行いながら仕事をする人を支える「両立支援コーディネーター」を養成する方針を明らかにしました。
病状を把握し、治療を続けながら続けられる働き方や仕事の内容を企業と一緒に考える役割を担うもので、医療ソーシャルワーカーや産業カウンセラー、社会保険労務士などを想定しています。2017年度にカリキュラム等を決定し、2020年度までに2,000人を育成したい考えです。
このページの先頭へ