08月
19
2017

「働き方改革」で基本法 臨時国会に法案提出へ

厚生労働省は、働き方改革を推進するため、企業が従業員の職務や能力を明確化して公正な評価を行う重要性や正当な賃金を得る意義など、改革の理念を盛り込んだ基本法「労働政策総合推進法(仮称)」を制定する方針を固めました。今秋の臨時国会に法案を提出します。法律の名称や具体的な中身については、今後、労働政策審議会で示されるよていです。
このページの先頭へ