02月
28
2018

「裁量労働制」の拡大 今国会での提出を断念

安部首相は、裁量労働制の対象拡大に関する内容を「働き方改革法案」から切り離し、今国会への提出を断念する方針を明らかにしました。不適切データ問題への批判が高まり世論の理解が得られないと判断したためです。高度プロフェッショナル制度や時間外労働の上限規制、同一労働同一賃金を含などについては、引き続き今国会での法案成立を目指します。
このページの先頭へ