02月
27
2018

教員の給与の仕組み改善へ議論開始 自民党

自民党の教育再生実行本部は、教員の給与に関する法律の見直しについての議論を始めました。残業代を出さない代わりに基本給の4%を上乗せして支給する仕組みの改善や、勤務実態に応じた処遇、追加の財源負担が今後の論点となり、5月頃までに政府の「骨太の方針」に反映させます。
このページの先頭へ