04月
06
2018

働き方改革関連法案を閣議決定

政府は、6日、働き方改革関連法案を閣議決定しました。法案は労基法、安衛法、パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法、雇用対策法、労働時間等設定改善法、じん肺法の8本の労働法規の改正案が束ねられており、当初案から裁量労働制の適用業種拡大が削除され、法律による使用者の労働時間把握義務化などの修正が盛り込まれました。
このページの先頭へ