05月
02
2018

「働き方改革関連法案」 主要野党欠席の中、実質審議開始

衆院厚生労働委員会は、「働き方改革関連法案」の実質審議に入りました。主要野党が審議拒否を継続する中、自民・公明、維新の3党が質疑を展開。政府・与党は今後、5月下旬の衆院通過、今国会会期末の620日までの成立を目指します。
このページの先頭へ