06月
19
2018

就職後も学び、若者の77%が希望

政府は19日、「子ども・若者白書」2018年版を決定しました。就労に関する若者の意識調査では、より良い仕事に就くため就職後も学校や専門機関で学びたいとの回答が77.5%となりました。職業教育を受講した若者が「役立った」と考える効果としては、「働くことの大切さ」「コミュニケーションスキルの重要性」が上位となりました。
このページの先頭へ