08月
17
2018

パワハラ対策で中小企業を支援

厚生労働省は9月から、中小企業のパワーハラスメント対策の支援に乗り出します。パワハラ対策は従業員1,000人以上の企業の88%が対策を行っているのに対し、99人以下では26%にとどまります。このため全国約100社を対象に、専門知識を持った社労士らを無料で派遣し、相談窓口の設置や社内規定の整備などを後押しします。
このページの先頭へ