09月
21
2018

裁量労働制 調査手法の議論始める

厚生労働省は20日、裁量労働制の対象業務拡大に向け、裁量労働制で働く人の労働実態を調べる調査の検討を始めました。統計学や労働経済学の専門家、労使関係者らでつくる検討会で調査の内容を決め、2019年度にも始める見通しです。裁量制拡大は同省の調査結果への批判を受けて働き方改革関連法から削除された経緯があります。
このページの先頭へ