11月
14
2018

入管法審議入り 外国人材 5年で34万人

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案が13日、衆院本会議で審議入りしました。政府・与党は2019年4月からの新制度導入に向けて、今国会での成立を目指しています。2019年度からの5年間の受け入れ見込み数は最大で345,150人になるとしており、業種別では、介護業が最も多く最大6万人、建設業は最大4万人、農業は最大3万6,500人となっています。
このページの先頭へ