12月
25
2018

「特定技能」の詳細が決定

政府は、改正入管法による新しい在留資格「特定技能」の詳細を決定しました。来年4月からの5年間で約34万人を上限として外国人労働者を受け入れる方針です。
技能試験は4月から介護、宿泊、外食の3業種で実施し、残りの11業種は19年度中に始めます。また、外国人との共生のための「総合的対応策」として、生活相談窓口を全国に100カ所設置します。
このページの先頭へ