01月
26
2019

教員の働き方改革 中央教育審議会が答申

教員の働き方改革を検討してきた中央教育審議会は、長時間労働の解消などに向けた対策を盛り込んだ答申を文部科学相に提出しました。時間外勤務の上限を「月45時間、年360時間」としたガイドラインを提示したほか、年単位の変形労働時間制を自治体が導入できるようにすることなども盛り込みました。2020年度以降の実施を目指します。
このページの先頭へ