05月
20
2019

「限定正社員」の労働条件明示を義務化の方針

「ジョブ型正社員」(限定正社員)に関する法整備が政府の規制改革推進会議で提言され、6月の閣議決定後、厚生労働省が労働契約法などの改正に向けた検討を行います。職務や勤務地、労働時間を限定して雇用契約を結ぶ限定正社員の労働条件を、契約書や就業規則に明示することを義務付ける方針です。解雇や労働条件をめぐる労使間のトラブルを回避し、企業が制度を導入しやすくします。
このページの先頭へ