08月
10
2019

国民年金3年ぶり赤字

厚生労働省は、公的年金の2018年度の収支決算を発表しました。サラリーマンらが加入する厚生年金は2兆4,094億円の黒字、自営業者らが加入する国民年金は772億円の赤字でした。厚生年金の黒字は3年連続、国民年金の赤字は3年ぶりです。
赤字への転落は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による年金積立金の運用収益の伸びが鈍化したことが響きました。
このページの先頭へ