09月
03
2019

社会保障制度改革に向けて会議を新設

政府は、社会保障制度改革の議論に向けて新たに会議を設置する検討を始めました。
2025年以降に団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になるため、年金や介護、医療などに関する課題について議論します。会議は来週行う内閣改造後に発足し、来年の通常国会で関連法案の提出を予定しています。
このページの先頭へ