10月
10
2019

教員にも「変形労働時間制」導入

教員の働き方改革が進む中、年単位で労働時間を調整する「変形労働時間制」を、公立学校の教員にも適用可能とする「教員給与特別措置法(給持法)」の改正案が、自民党文部科学部会で了承されました。年間で、繁忙期に勤務時間を延ばした分、夏休み期間中などに休暇のまとめ取りができるようにします。政府は今国会での成立を目指し、成立すれば2021年度から適用可能となります。
このページの先頭へ