11月
04
2019

「300人以下」なら中小向け私的年金に加入可能 厚労省が制度拡大を検討

厚生労働省が、中小企業向けの私的年金制度を利用することのできる企業の対象範囲を拡大する方向で検討を進めていることがわかりました。従業員規模要件を現行の「従業員100人以下」から「同300人以下」に改める見直し案を、8日の社会保障審議会に提示する。制度を普及させ、中小企業の従業員の老後の資産形成を後押しすることが狙いです。年内に結論をまとめ、来年の通常国会への関連法案提出を目指します。
このページの先頭へ