給与計算強み

 

もともと給与締切日と給与支払日のスパンが短い場合、支払予定日やその前日に祝日が入ったりすると、途端に給与計算業務がハードになってしまいます。

このような事業所様も弊社へお任せ下さい。お客様のご都合を優先し、専門の担当者が土曜日・日曜日・祝日にかかわらずご対応致します。
 

 

ひとたび給与計算でミスが発生しますと、それまでの会社と従業員の良好な信頼関係を損なうばかりか 最悪の場合、優秀な社員の退職を招く事態になりかねません。

当社では、給与計算業務に精通した専門スタッフが、以下のような取り組みを通じ、万全のチェック体制のもとで細心の注意を払い給与計算業務を行っています。

業務マニュアルの作成  作業効率を極限まで高めます
年間・月間チェックリスト 確認事項を毎時チェック
2人以上のチェック体制 確認は必ず「違う目」で行います
最後は力技  読み合わせなどのアナログチェックも怠りません

 

 

  • 給与計算に関する事なら、例えば次のようなご質問についてお電話・メールでお問合せ頂けます。
  • 社会保険料はいつ改定しなければならないの?
  • 病気で休業予定の者に対し、どのように給与を支給したらよいの?
  • 育児休業から復職した社員の社会保険料は変更できないの?

 


現在、御社で給与計算業務を行われており、今後は弊社に給与計算のアウトソースをご検討頂ける場合、以下のような作業が発生します。

他社では有料となるこれらの作業について、弊社では無料で行います。(但し、条件がございますので別表「サービス比較」をご確認下さい。)

(1)給与マスター登録
  • 従業員データ
  • 勤怠、支給項目の設定
(2)過去データ登録 年末調整業務にむけ、その年の1月から現時点の直近月までの給与データ(過去データ)を入力する必要があります。

 

このページの先頭へ